通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

食育資格人気ランキング

time 2017/02/18

食育は、人間が生活する際に欠かせない存在です。教育や体育の基礎的な部分を育む食育は、食についての理解力と、食を自分で選ぶスキルを学ぶことが可能です。現代人の多くは、食を重要視する気持ちを持っていないと言われており、食育を学ぶことができる資格を獲得し、家族の健康を守らなければいけません。

1位 食育健康アドバイザー

日本安全食料料理協会で取得することができる、食育健康アドバイザー資格は、食育のことを理解できている人材として認定してもらうことができます。食育健康アドバイザーの資格を持っている人は、食育基本法や海外で実際に行われている食育についての歴史を学びながら、食育が生活習慣病と関わる理由も学ぶことができるようになっています。

そのため、食育の正しい知識を学びながら、病気になってしまう食生活を見直すことができ、長生きをするための食事を自分で作ることができるようになります。

食育健康アドバイザーの資格は、インターネット上で受験の手続きをすることができ、資格を獲得することができれば、自宅やカルチャースクールで講師になることができますので、仕事として使うことができる、人気の高い資格です。

2位 管理健康栄養インストラクター

管理健康栄養インストラクターの資格は、食育に大切な栄養に関する知識や腸内細菌の働きについての理解力がある人に贈られる資格です。ビタミンなど、栄養素にはいくつかの種類があるのですが、資格取得の為に学ぶことで、栄養素を含む食材の情報や、食品表示の把握することができるようになります。

年間何度も試験を受けるチャンスがありますので、再チャレンジしやすいのが魅力です。自宅でテストを受けることができますので、忙しい人でも受けやすい人気の資格です。

3位 食育インストラクター

日本食育インストラクター協会で受験することができる食育インストラクターの資格は、食育の基礎から学ぶことができる、初心者に人気の資格です。プライマリーから1級まで、自分の理解力に合わせたレベルの試験を受けることができますので、少しずつスキルアップを実感することができるでしょう。

プライマリーの人は、食育の3本柱や基礎を学んだ人として認定してもらうことができますので、初心者はまずプライマリーを目指しましょう。

最もレベルの高い1級になると、食育について、様々な知識を持っており、料理や栄養、健康など多くのテーマを把握し、きちんと伝えることができるスキルがあると認定してもらうことができます。そのため、プロフェッショナルとして、たくさんの場所で活躍できる人材になることができます。

4位 食育アドバイザー

日本能力開発推進協会で受験することができる食育アドバイザーの資格は、食についての理解と、健康的な食生活を維持することができる人材になることができます。資格所持者は、食育の基礎知識と食育活動を認めてもらうことが可能です。

そのため、医療や福祉業界の他に、飲食業界などで活用することができる知識を入手することができるでしょう。

食育のことを学ぶことができるカリキュラムを終えた後に、自宅で受験することができますので、知識を得てからテストを受けることができますので、知識が乏しい人でも安心して試験対策をすることができます。受験料が5600円とリーズナブルなのもメリットです。

5位 食育メニュープランナー

NPO法人みんなの食育が認定する食育の資格として注目されているのが、食育メニュープランナーです。人間の年齢や体の状態に最適な一汁三菜のメニューを自分で交換することができる資格となっています。自分や家族の健康を守りながら、食材選びのコツや食文化について学んだ人が獲得できる資格です。

通信講座で課題となっているレポートの提出することで取得できる資格ですので、試験を受ける必要がありません。レポートをきちんと作成し、認められた人は認定証が発行されます。

通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ