通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

飾花インストラクター認定試験口コミ評判

time 2016/11/05

飾花インストラクター認定試験口コミ評判

レストランや居酒屋など人が集まる空間では、注意して店内を見渡してみると、多くのフラワーを目にすることができます。結婚式や各種の記念パーティなどでも、大小さまざまなフラワーが華麗にアレンジされて、場の雰囲気を盛り上げてくれます。フラワーは、そのアレンジ次第で、空間を意図したとおりに演出することができるアイテムなのです。そこで、今日、フラワーアレンジメントのプロフェッショナルは、さまざまな業界から必要とされています。飾花に関する専門的な知識とスキルを持ち合わせた人材は、まだまだ不足しています。そのため、日本インストラクター協会が主催する「飾花インストラクター認定試験」の注目度が、このところ大きく上昇しています。
飾花インストラクター認定試験とは、どんな試験で、合格するとどのようなメリットがあるのでしょうか? 飾花インストラクター認定試験についてのネット上の口コミと評判について、まとめてみました。

飾花インストラクターが注目される理由!

飾花インストラクターとは、飾花についての知識と技能に優れ、人に教えられるだけの水準にあると認められた人に与えられる資格です。さまざまな分野のインストラクターを育成することを目的に設立された日本インストラクター協会による飾花インストラクター認定試験に合格することで、この資格を取得できます。

飾花インストラクター認定試験では、飾花に関する幅広い知識と技術が問われます。TPOに合わせたフラワーアレンジメントのスキルから、ガーランドやフォーカルポイントについてのスキルをマスターしていないと、合格はおぼつきません。ガーランドとは、花や葉、あるいは木の実などをつなげて網状にした飾りのことです。つる植物をロープや鎖を使って網状にする手法もスタンダードです。パーティなどでは、装飾としてよく用いられています。

フォーカルポイントとは、庭のなかでもっとも目を引く場所のことです。通常はシンボルツリーやオーナメントを配置することで、ポイントとして設定します。飾花においても、フォーカルポイントを意識したアレンジが必要とされます。

飾花インストラクターの資格を得ることで、こうした飾花全般に関するプロとして認められるため、その活動の場も広がります。花屋さんやブライダル産業など、すでにフラワーに深く携わる仕事に就いている人は、大きなスキルアップを周囲にアピールできます。これからフラワーに関する仕事に就きたい人にとっても同様です。履歴書の資格欄に「飾花インストラクター」と記入することで、評価は格段と上がります。

飾花インストラクターは、もともとインストラクター資格のため、自宅やカルチャースクールを利用して、飾花についての講師活動を展開できます。フラワーのアレンジメントやガーランドの具体的な作り方は、女性であれば興味を引く素材のため、生徒さんの集まり具合も順調のようです。

また、飾花インストラクターとして独立することも、期待できます。その場合、飾花インストラクター認定試験に合格した多くの人は、合わせて空間ディスプレイデザイナーやインテリアアドバイザーなどの資格を取得することが多い傾向にあります。フラワーやインテリアなど、空間のデザインを総合的に行うことで、受注が増えるからです。
他の資格と合わせて取得することを考えてみるのも楽しそうです。

飾花インストラクター認定試験の口コミ・評判

飾花インストラクター認定試験は在宅で受験できます。ネット上の情報を検索してみると、試験範囲が広いため、独学だけで合格を目指しても、時間と労力を無駄に費やすことが多い印象を受けました。飾花インストラクター認定試験に合格した人たちの多くが指摘しているのは、通信講座の活用です。

通信講座では飾花の基本から応用までを、段階を追ってマスターできます。そのため、フラワーについての知識などなにひとつない状態からスタートしても、カリキュラム通りに進めることで、誰でも自然に飾花インストラクター認定試験に合格できるだけの実力を、身につけられるようです。

短い時間で効率よく合格を果たすためには、通信講座を賢く利用することが、最適の選択になるように感じました。飾花インストラクター認定試験にサクッと合格して、さらに次の資格取得を目指して、ステップアップしていきたいものです。

down

コメントする




通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ