通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

空間ディスプレイデザイナー認定試験口コミ評判

time 2016/11/01

空間ディスプレイデザイナー認定試験口コミ評判

モールのなかや商店街を歩いているとき、ふとショップの前で足を止めてしまう瞬間があります。そのほとんどは、ショップのディスプレイや陳列に、ひかれたときです。一瞬といえども、心を奪われるディスプレイや陳列はたしかに存在します。近年のマーケティング理論では、ディスプレイや陳列次第でショップの売り上げが大きく変動することが、証明されています。だからこそ、売り場の空間デザインに徹底的にこだわるショップが、最近では急増しています。それとともに、ディスプレイや陳列のプロフェッショナルを求める声も高まっています。そんななか、ことに注目されているのが、日本デザインプランナー協会が主催する「空間ディスプレイデザイナー認定試験」です。
空間ディスプレイデザイナー認定試験に関するネット上の口コミや評判について、まとめてみました。

空間ディスプレイデザイナー認定試験とは

空間ディスプレイデザイナーとは、店頭ディスプレイや陳列などに代表される空間ディスプレイの専門知識をもつと認められた人に与えられる資格です。空間デザイナーに求められるのは、色彩の組み合わせ・照明の効果的な用い方・商品を魅力的に見せる配置方法、そして演出の4つの要素です。色彩・照明・配置・演出の4つを組み合わせ、どのような空間ディスプレイを行うのかが、空間ディスプレイデザイナーの腕の見せ所です。

ショップが売り上げを増やす方法は、大きく二つに分かれます。ひとつは一人でも多くの客足を店内に誘い込むこと、そしてもうひとつは、客単価を上げることです。そのいずれにも大きく関係してくるのが、店頭ディスプレイと陳列です。店頭ディスプレイの善し悪しによって、来店者数は左右されます。陳列によって、購買意欲は大いに刺激されます。売り上げを直接左右する大きな要素だけに、多くのショップで空間ディスプレイのプロフェッショナルは必要とされているのです。

日本デザインプランナー協会が主催する「空間ディスプレイデザイナー認定試験」は、空間ディスプレイの専門家としての知識と技能を有することを証明する際に、最強の武器となる資格です。この試験に合格して、空間ディスプレイデザイナーの資格を得ることで、さまざまなショップから店頭ディスプレイや店内陳列の依頼、あるいはアドバイザーとしての仕事を受けやすくなります。

また、ブティックなどのショップに勤めている方であれば、空間ディスプレイデザイナーの資格を得ることで身につけた知識と技能を、仕事で実際に活かすことができるため、ショップの売り上げ増に大きく貢献できます。
こうした背景から、空間ディスプレイデザイナー認定試験の人気は、現在とても高まっています。

空間ディスプレイデザイナー認定試験の口コミ・評判

空間ディスプレイデザイナー認定試験は、在宅受験で取得できる資格です。そのため、通信講座を利用すれば、ディスプレイや陳列の知識や経験がまったくない人でも、比較的簡単にとれる資格のようです。早くて2ヶ月、ゆっくりマイペースで進めても6ヶ月もあれば、合格レベルの実力が身につくと、多くの合格者が語っています。

在宅で受験し、期限内に回答を提出するだけでよいため、テキストを確認しながら、じっくりと考える時間的な余裕があります。すべての回答は、テキストを理解してさえいれば正解できるため、通信講座で体系的に学びさえすれば、誰でも確実に合格できる試験との口コミが広がっています。

それでいて、合格後は実務に活用したり、ショップからの外注を受けたりしながら、カルチャースクールやセミナーの講師として、空間ディスプレイのノウハウを受講生に教えることもできます。空間ディスプレイデザイナーは、一度取得しておけば、さまざまな分野で幅広く活用できる有望資格と言えるでしょう。

down

コメントする




通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ