通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

CADデザインマスター認定試験口コミ評判

time 2016/11/05

CADデザインマスター認定試験口コミ評判

アベノミクスの影響により、日本の失業率は、他の先進諸国が目を見張るほどの低い数値に抑えられています。しかし、失業率自体は減っていても、経済格差は拡大の一途をたどっており、仕事によって賃金には大きな隔たりがあります。そんななか、技術者の数が足りないため、企業が人材育成に力を入れている分野があります。こうした分野は当然ながら企業側の待遇もよく、給与も比較的高めに設定されています。そうした分野のひとつが、CAD技術者です。

CAD技術者は多岐の業界に渡って必要とされていますが、供給よりも需要の方がはるかに多い状況が続いています。そこで今、CADの技術に長けた専門家を育成する登竜門として、日本デザインプランナー協会が主催する「CADデザインマスター認定試験」が、業界から熱い視線を浴びています。CADデザインマスター認定試験は、なぜこれほどまでに注目されているのでしょうか? ネット上にあふれるCADデザインマスター認定試験についての口コミと評判を、まとめてみました。

CADデザインマスター資格が有望な理由とは?

CADとは、パソコンを使うことで設計図や図面を描くツールのことを指します。たとえば建築関連の業界であれば、CADを用いて設計図を製作します。同じように、機械・設備・電気・土木など多くの業界で、CADを使った設計図や図面が、毎日大量に作られています。私たちの身の回りにあるほぼすべての物は、CADを用いて設計されたものといえます。それは、ねじ一本に至るまで徹底されています。あらゆる製造品は、あらかじめCADによって設計され、その設計図に沿って形にされています。

パソコンを自由自在に駆使して設計図や図面をおこすとなると、難しいのではないかと思いがちですが、実際には専門のソフトがあるため、ソフトの使い方を覚えるだけでも、初歩的な設計図を書けるようになります。その代表的なソフトは、AUTOCADとJWCADのふたつです。この二つのソフトのうち、どちらかひとつを使いこなせるようになれば、ほとんどの設計図が書けるようになります。

こうしたCADを使った作図能力が一定以上のレベルにあることを判定してくれるのが、日本デザインプランナー協会によるCADデザインマスター認定試験です。この試験に合格することで、CADデザインマスターの資格を取得できます。

CADによる設計図を必要とする多くの業界では、CAD技術者の人材不足に悩んでいます。求人を出しても、CAD技術者はすでに企業に所属していることが多く、応募はほとんどありません。そのため多くの企業では、CADの知識のない一般社員に教育を施し、社内で時間をかけてCAD技術者を育てています。
そんな状況のため、履歴書にCADデザインマスターの資格が記載されていれば、企業側が注目するのは、当然といえるでしょう。これから手間暇かけて教育を施すよりも、すでに実務に対応できる即戦力をもった人を採用するだろうことは、自明の理です。

実際、CADデザインマスター認定試験の合格者の多くが、CAD技術者として転職に成功、あるいは新規採用されたと報告しています。CAD技術者の不足は今後も続くと予想されているだけに、CADデザインマスターは将来にわたって有望な資格といえるでしょう。

CADデザインマスター認定試験の口コミ・評判

CADデザインマスター認定試験に合格を果たすために、もっとも確実で効果的な方法は、日本デザインプランナー協会の認定校で、CADデザインマスター認定試験に備えたコースで学ぶことです。CADという専門的な領域を扱うため、完全に独学での試験突破は難しいことが、ネット検索によりわかります。
そのため、多くの合格者が利用しているのは、通信講座です。通信講座であれば、スキマ時間を利用して学ぶことができるため、仕事をもっていても差し支えありません。また家事や育児の合間を利用して、マイペースで学ぶことができます。

ほとんどの合格者に共通していることは、通信講座で学ぶまで、CADについての知識などなにひとつなかったことです。知識ゼロからはじめても、基礎から体系的に理解していくことにより、誰でもCADソフトを自由自在に使いこなせるようになっています。通信講座の全課程を終える頃には、CADデザインマスター認定試験に合格できる力が、十分に備わっているようです。

CADデザインマスター認定試験は、在宅にて受験できるため、わからない問題にぶつかっても、テキストを調べることで正解を導き出せたと、合格者は語っています。通信講座を活用して努力することにより、誰でもCADデザインマスターの資格を手にできるという印象を、ネットより受けました。
大切なのは、あきらめずに継続して学ぶことです。合格後は、CAD技術者として安定した生活設計を立てられるのですから、資格取得までの苦労は、きっと乗り越えられることでしょう。

down

コメントする




通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ