通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

CAD資格人気ランキング

time 2016/10/18

CAD資格人気ランキング

CAD(コンピューター支援設計)は、コンピューターを使って建築・土木・機械・電気・設備などの設計図を作成するソフトウエアのことで、さまざまな業種で使用される必要不可欠のソフトです。CAD使用者は年々増加しており、関連する資格も人気が高くなっています。それぞれの業種でCAD製図法(記号・表現・設計方法・共通ルールなど)が微妙に違い、業種に応じて建築、土木などの資格があります。

CADソフトは大別してAutoCADとJWCADがあり、建築、機械、土木ななどそれぞれの用途に応じた設計方法に準じた操作方法があるため、資格そのものもAutoCAD用とJWCAD用とに分かれています。

建築には設計図が欠かせません。平面設計図、3次元設計図のほとんどすべては現在、2D、3D専用のCADを使って製図されています。コンピューターを利用する設計図が増えている理由は、加筆や修正がしやすく見た目きれいに設計できるからです。建築用CADは高度で専門的な知識や技術が求められ、そのためレベルに応じていくつもの資格があります。その中でも建築CADインストラクターや建築CAD検定試験、CAD利用者技術試験資格などが人気です。他の分野では、最近人気急上昇の土木CADインストラクター、さらには機械・設備・電気インストラクターが知られています。

建築・土木業界は需要が高まっています。熊本県、東北地方など各地のさまざまな災害、建築物老朽化と耐震対策、観光客の増加など、需要は供給を上回っています。それに伴って、この種の資格の人気は、当然のことながらうなぎ登りです。建築は言うまでもなく、かつては3K(きつい、危険、きたない)と呼ばれた土木関係の仕事は大きく見直され始めています。

ランキング1位「CADデザインマスター」資格

日本デザインプランナー協会(JDP)が認定する資格です。世界標準CADのAutoCAD、JWCADなどを使い、多くの業務(建築・機械・設備・電気・土木)の中で、より的確に作図能力であるCAD技術を一定以上のレベルの知識を身につけ、これからの社会の姿を考えられる人材となることを目標とした検定試験です。

受験資格は特になし。受験料は1万円。インターネットから申込み、在宅試験を受けられます。合格基準は70%以上の評価が必要です。年6回試験実施。

日本デザインプランナー協会

資格TOPページ

ランキング2位「建築CADインストラクター」資格

日本インストラクター協会(JIA)が認定する資格。建築用CADによる建築設計、建築施工図などの知識と技能を備え、CADシステムを理解してAutoCAD、JWCADいずれかの操作が実務上通用するレベルまで達した人が認定されます。

受験資格は特になし。受験料は1万円。インターネットから申込み、在宅試験を受けられます。合格基準は70%以上の評価が必要です。年6回試験実施。

日本インストラクター協会
https://www.jpinstructor.org/

ランキング3位「土木CADインストラクター」資格

日本インストラクター協会(JIA)が認定する資格。土木CADによる土木製図の基本からコンクリート構造、鋼構造、橋などを製作するCADシステムを良く理解し、AutoCAD、JWCADいずれかの操作が実務上通用するレベルまで達した人が認定されます。

土木産業は現在、CADを扱う資格が人気になろうとしています。長引く不況で、安定した仕事がほしい人が増え、東北の復興や東京オリンピックに備えてインフラ整備の必要もあることが背景にあります。

受験資格は特になし。受験料は1万円。インターネットから申込み、在宅試験を受けられます。合格基準は70%以上の評価が必要です。年6回試験実施。

日本インストラクター協会
https://www.jpinstructor.org/

ランキング4位「機械・設備・電気CADインストラクター」資格

これも日本インストラクター協会(JIA)が認定する資格の1つです。機械・設備・電気CADによる空調設備・給排水衛生設備・電気設備・プラント設備などを設計するCADシステムを良く理解し、AutoCAD、JWCADいずれかの操作が実務上通用するレベルに達した人を認定します。

諒設計アーキテクトラーニングでは、の「実践機械・設備・電気CAD技術者コース」を開いています。この資格と日本デザインプランナー協会が認定をするCADデザインマスターとのW資格が、講座を受講,修了すれば試験抜きで取得できます。

受験資格特になし。受験料1万円。申請はインターネットから申込み、在宅受験できます。合格基準70%以上の評価。

日本インストラクター協会
https://www.jpinstructor.org/

ランキング5位「CAD利用技術者試験」資格

一般社団法人コンピュータ教育振興協会(ACSP)が2016年、コンピュータソフトウェア協会から譲渡されて認定する資格です。CADを利用した知識・スキルが一定水準に達している受験者を認定します。

試験は2次元CADの1級。準1級、2級と3次元CADの1級と2級、全5級に分かれています。

コンピュータ教育振興協会
http://www.acsp.jp/

ランキング6位「建築CAD検定」資格

一般社団法人全国建築CAD連盟(AACL)が認定する資格。大学、短大、高専、一般高校、職業訓練校、各種スクールなど、CAD教育を実施する610校を超える教育機関で導入され、受験者数は団体・一般を合わせ年間7000人以上に上ります。

資格は准1級・2級・3級・4級で構成され、社会から求められる「実践型の実技試験」を目指しています。受験料は準1級が1万4400円、2級,3級が1万300円。4級は高等学校の団体試験に限定されています。

全国建築CAD連盟
http://www.aacl.gr.jp/

down

コメントする




通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ