通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

DIY資格人気ランキング

time 2016/11/10

DIY資格人気ランキング

DIYとは「Do It Yourself」の略で、専門業者ではなく、自分の手で住まいの手入れや補修改善、家具やインテリアなどを作り、快適な生活空間を創造することです。テレビや雑誌でDIYの特集をすることも多くなり、快適な空間を創り出したり、手軽に模様替えができることから人気が高まっています。その影響で日曜大工が好きな男性だけではなく、「DIY女子」という言葉ができたり女性用の工具があったりと、女性の間で注目が集まっています。簡単にDIYができること、世界で一つしかないオリジナルの家具やインテリアが作れることなどで、人気が出てきました。今では100円ショップでも道具や材料を購入することができるようになりました。また、DIYに興味・関心を持っている人やホームセンターで働きたい方には役立つ資格がいくつかありますので紹介します。

1位  DIY工作アドバイザー

日本生活環境支援協会(JLESA)が主催となり、DIYに必要な知識、ジグソーやのこぎりなどのDIYに必要な道具の使い方や、材料の基礎知識、作り方の基礎知識を理解しているだけでなく、道具を使用して家具などの制作をアドバイスできることを証明する資格です。受験資格も特になく、在宅での試験となっているので気軽に受験することができます。また、DIY人気が出てくると同時に、多くの人がDIYを始めています。そのような中、DIY道具、材料、使い方などを的確に指導助言するDIY工作アドバイザーが不可欠となります。ますます需要が高まってきています。資格取得後は趣味としていたDIYを仕事として活かすことができ、カルチャーセンターや工作教室で講師として活動することも可能となります。

2位  日曜大工スペシャリスト

日本デザインプランナー協会主催の資格で日曜大工に必要な道具の使い方や技術、壁紙、レンガなどの扱い方、家具などの制作知識を一定以上持っていることを証明する資格です。自分で家具を作ってみたいと思う方に人気の資格です。学んだ知識を活かして、資格取得後は日曜大工のスペシャリストとしてカルチャースクールで講師をすることも可能です。また、受験資格がなく在宅での受験となるので誰でも受験することができます。専門の業者に頼らず、自分で自宅をリフォームしたい方などに特に人気の資格です。

3位  DIYアドバイザー

日本DIY協会が審査し認定する資格です。一次試験と二次試験があり、一次試験は学科でDIYの基本的な知識を問われ、二次試験は実技と面接を行い一定のレベルがあると認められると合格となります。合格者には認定証が交付されますが、資格の有効期間は5年間なので、5年ごとに更新の手続きをする必要があります。また、受験資格は18歳以上となっています。DIYについて基礎や道具・材料・用途などが身につきます。また、資格取得後はDIY用品の選び方や作業方法、作業時の安全確保や法規制などへの対応について指導やアドバイスができることから、ホームセンターなどDIY関連の道具や材料を販売するお店であったり、DIY関連の製造メーカー、カルチャースクールの講師として活躍することができます。

down

コメントする




通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ