通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

POPデザイナー認定試験口コミ評判

time 2016/11/02

POPデザイナー認定試験口コミ評判

求人の案件を見ていると、「POPデザインのアシスタント業務」のような募集を、よく目にします。スーパーやデパートなどの物販店であれば、毎日大量のPOP広告が発生するため、POPデザイン専門のスタッフを配置することが普通です。POP広告とは、「○○新発売!」とか「特売品○○円!」などと書かれた販促用の紙のことです。普段はあまり気にかけないため、特別に意識することはないものの、POP広告を探そうと意識するだけで、大量のPOP広告が目に飛び込んできます。実はPOP広告の出来次第で、その商品の売り上げは大きく左右され、その結果として店舗全体の売り上げまでにも、大きな影響を及ぼすと言われています。物販店にとってPOP広告は、売り上げを直接左右するほど大切な広告ツールなのです。

POPデザインの重要性が取りざたされるとともに、日本デザインプランナー協会が主催する「POPデザイナー認定試験」の人気が高まっています。そこで、POPデザイナー認定試験に関するネット上の口コミや評判について、まとめてみました。

POPデザイナーの仕事とは?

POP広告はよく、第三の店員として位置づけられています。POP広告によって物販店で推奨したい商品を、店員の代わりに告知することができるからです。さらに多くの場合、店員が来店者に口頭で説明するよりも、はるかに雄弁に、かつ効果的に、POP広告は来店者に対して、店舗が伝えたい情報をすんなりと伝達してくれます。私たちがなんらかの商品を求めて店舗をのぞいた際に、店員による執拗な勧誘や説明を受けると、たちまち逃げ出したくなることを考えれば、このことはよく理解できます。

店員の勧誘に対して身構えるのは、ごく一般の購入者心理ですが、POP広告によって入ってきた情報に対しては、もともと購入する意志などなかったにもかかわらず、興味をそそられることがしばしばあります。POP広告の出来次第で、売り上げは大きく左右されるのです。

POPデザイナーの仕事は、店舗のイメージを大切にしながら、デザインによって視認性を高め、来店者の購買意欲を高めることにあります。POP広告は手書きで書かれる場合もあれば、パソコンを使って制作される場合もあります。いずれの場合であっても、情報を素早く効果的に伝えるためには、「レタリング」と呼ばれる文字を描く技術を身につける必要があります。

人目を引く美しいレタリングを施すためには、色彩効果の知識も必須です。ケイ線や抽象画などの知識と技能も、要求されます。では、POP広告を制作するためのそれらの体系的な知識と技能を、どのように習得すればよいのでしょうか? その答えが、日本デザインプランナー協会主催による「POPデザイナー認定試験」です。POPデザイナーの資格を得るために学ぶことで、知識ゼロからのスタートであったとしても、誰でもPOPデザインのプロフェッショナルになることができます。プロのPOPデザイナーを目指すためには、POPデザイナー認定試験に合格することが、一番の近道になっています。

POPデザイナー認定試験の口コミ・評判

ネットを見ていると、POPデザイナー認定試験の評価が軒並み高いことがわかります。POPデザイナー認定試験に合格することで、各種の広告業界や物販店への就職が有利になることが、その一番の理由です。中途採用にしても、事情は同じです。「POPデザインのアシスタント業務」募集のような案件にしても、POPデザイナー認定試験合格の実績があれば、採用率が高まることは当然です。

また、合格後は副業としてPOP広告のデザインを請け負っている人も、多く見受けられました。地元の商店街などをクライアントにして、依頼されたPOP広告をデザインする副業です。家事や育児の合間に、自宅で効率的に仕事ができるため、主婦の方にも人気の副業となっています。

POPデザイナー認定試験の合格者のほとんどは、通信講座を利用しています。POPデザイン広告の基本から応用までを身につけるためには、体系的に学べる通信講座がもっとも適しているようです。逆に我流を押し通している人は、なかなか合格できないという実状が、ネットの情報だけでも浮かび上がってきます。

POPデザイナー認定試験は在宅で受験でき、通信講座のテキストを見ながら回答できるため、通信講座の内容をきちんと理解してさえいれば、けして難しい試験ではありません。評価70%以上で無条件で合格となるため、ほとんどの受講生は初回で合格を果たしています。

これから物販店で働きたい人や、副業としてPOP広告のデザインを受けたい人は、POPデザイナー認定試験合格を目指して学習を進めるとよいでしょう。POPデザイナーの資格は、さまざまなシーンで役立つ資格と言えそうです。

down

コメントする




通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ